2013年07月20日

29円のもやし

私の家から、徒歩5分圏内に、2つスーパーがある。
しかし、この2店、私に家からは、反対方向に建っている。

両店を覘いてみることも、多いが、
おのおのの店の、得意分野があるので、
買うものによって、一方にのみ、行くことにもなる。

そして、本日は、お魚気分だったので、
魚なら、絶対に、こちら!
と、いう方に、足を向けた。

もう、6時になろうという時間だったので、
道々、いい加減、手早く済むものが良いだろうと、考えている自分がいた。
まあ、要するに、お刺身とか、お刺身とか、お刺身である。

入店後、
まずは、鮮魚にコーナーへ行き、メインを決めなければ!
と、青果コーナーをズカズカと進む、私の目に飛び込んできたものがあった。

もやし29円

当然のように、足が、ぴたりと、とまった。
同時に、冷蔵庫に残っているピーマンが2つ脳裏に浮かぶ。

一緒に炒めるか……と、即行カゴへ入れた。

寄り道は、これまでと、第一目標のお魚コーナーへと進む。
このスーパーには、その日の魚がずらりと並ぶ、上から覘き込むタイプの冷蔵ケースが3台ある。
要するに、ここが、本日の“買い”のコーナーなのだ。

が……しかし、3台の内、2台の中身は、全部

鰻! うなぎ! ウナギ!

つか――――
土用の丑日は、月曜日じゃね?

今夜、食べたんじゃ、意味ないないんじゃね?

結局、残り一台の冷蔵ケースの中にあった、
アジとブリを見比べ、さんざん迷い、ブリのお刺身をカゴへ。

その後、再び、青果コーナーに戻り、枝豆をカゴに。
ここの店で扱っている枝豆は、去年から、私のお気に入りなのだ。

あとは、お惣菜売り場で、ポテトサラダをゲット。
これも、気に入っている品。
なにより、もう、作りたくないからね。

家に、帰り、まずは、最初に、枝豆を茹でる。

野菜は、時間が経つほど栄養価が損なわれることは、知られているけど、
枝豆は、その傾向が顕著だと聞いた。
なので、買ったら、取りあえず、直ぐに茹でることにしているのだ。

でも、本当に、ただ、直ぐに、茹でるだけ。

面倒なことは、絶対にイヤなので(鞘の端をハサミで切るとかありえない)
洗う時に、塩でもんで産毛をとり、茹でる。
茹であがったら、平たいお皿に並べ、扇風機の前で冷ます。
塩の量も適当だ。
だいたい、枝豆は、塩加減より、マメ自体の質だと思っている。
もし、まずかったら、サラダや、炒め物や、カレーに投入すればいいじゃない。

で、茹でていいる間に、「もやし」を洗うことにした。
「もやしを洗う」かどうかの選択は、前の記事を見てね!

洗いはじめて、直ぐに、ゲンナリ。

なんつうか……
こりゃ……いかんでしょ?

もやしのヒゲ根。
これは、食感が悪いと倦厭されるが、繊維が多いそうだ。
なので、私は、基本もやしは、さっと洗って、
特に手を加えることはない。
(もちろん面倒だからっていうのもおおいにあるよね^^;)

でも、あまりに、29円の「もやし」の風体なのだ。

仕方かないので、枝豆が茹る3分を使い、もやしのヒゲを取ることに……
あと、なんか、本体の茶色い部分も多くて(痛んでいるわけではない)黙々と、取る。
冬では、出来ない作業だと思いつつ……もくもくと……

つーーか、きりないんですけど!

結局、枝豆が茹であがっても、もやしはの下処理は終わらず、ひたすら作業続行。

そして、終わる頃には、
もう炒めるなんて、面倒〜〜となり、茹でることにした。

しかし、茹であがった「もやし」を見つめ、どうすんだよこれ……と、思った。
炒めるがイヤ=茹でた→→→その先の展望なし

仕方がないので、ごま油と塩をかけてみた。
たしか、ナムルとか云うものがこんな感じだったハズ。

……なんか、微妙に淋しい色合いだ。
夏向きとも言えるが、貧乏くさい……

急いで、スライサーで、キュウリと人参をシャカシャカし投入し、味見。

……?? なんか、微妙に物足りない味だ。
ちょびっと、お醤油を入れてみる。

が、改善されない。

でも、これ以上お塩を入れたら、体に悪そう……ってことで、お酢を投入。

うーーん、もう一歩!

冷蔵庫に残っていたハムを投入。
ハムの塩けと、風味が加わり、何とか、味は、纏まった。
さっぱりしていて、おいしかった〜〜

満足だったけど、もう二度と、この店で、29円もやしは、買わない!!!


ちなみに、もう1店のスーパー。
決まった曜日に、もやしが、29円。
これは、来店と合致すれば、必ず買う。
さっと洗っただけで、問題なく使える「もやし」だから。
本当に、有り難いんだよ〜〜〜

当たり前だけどさ、
お店によって、扱う商品が違うよね!って思ったらクリックしてね。
にほんブログ村 OL日記ブログへ

posted by こい at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月19日

「なめこ」は、洗うのか?

なめこ

なめこのお味噌。
とろっとして、おいしいよね〜

ところで、袋詰めされたなめこのパック。
これって、一度は、

  • 洗うの?
  • それともこのまま使うの?

と、悩んだことない?

洗うとヌメヌメがなくなりそうだし、
なめこのヌメヌメは、優れもののムチン
消化吸収を助け、胃や粘膜を保護したり、鼻や気管支の粘膜を外敵から保護する働きがあると云われている。
また、コレステロール値の改善や血糖値の上昇をゆるやかにすることから、生活習慣病などの予防に役立つのではないと、云われている。
さりとて、洗わないと気持ちが悪いと思う人もいるだろう。

で、どうすりゃいいのよ??

私の結論 さっと洗う。

角仲林業さんのホームページ>よくあるご質問のページより:引用

なめこは洗った方がよいのですか?
そのまま湯がいたり炒めたり調理しても構いませんが、稀におが粉等不純物が入ることがあります。
不純物を見つけるためにも水道水でさっと洗うことをおすすめします。
詳細は、こちらのページへ
http://kakunaka-chichibu.com/faq/

生産者の方が仰るのだから、間違いないだろう。

こちらも、参考になったサイト

日本生活協同組合連合会が運営している「くらしと生協」より:引用

袋詰めの「なめこ」は調理前に洗った方が良いのでしょうか?
味噌汁の具にするときや、和え物にするときに迷ってしまいますので、教えてください。
調理の前に「なめこ」を洗うかどうか、ですか。もちろん調理の前に洗います。但し、あのぬめりを傷つけてはいけません。あの独特のぬめりこそが「なめこ」の命なのですから。あの食感を楽しむために「なめこ」を食べるのですから。
詳細は、こちらのページをどうぞ。
http://www.e-kurashi.coop/shop/guide/tane/0303/030301/030301post_78.jsp

「もやし」って、洗うの?

同じように、洗うか、洗わないか迷う「もやし」
これも、結構、悩ましい。

私の結論 洗う。

基本的に私達が手にするもやしは、
きれいな水、そして、衛生的な環境で生産されているそうなので、
洗っても、洗わなくてもどちらでもいいそうです。
それに、もやしは、茹でたり、炒めたりするでしょ?

でも、私は、
袋を開けた時の少し鼻を刺すようなニオイが気になるので、洗っている。

信成物産さん運営の「もやし.com」より引用

スーパーで買ってきたもやしを、調理する前に水洗いをするかどうかで悩んだことはありませんか。正解は、「どちらでもいい」です。スーパーに出荷されているもやしは、すでに水洗いされているので、袋から空けてそのまま使っていただいて構いません。ですが、もやし独特の香りやアクが気になる方は、さっと水洗いしてください。

詳細は、下記のページをご覧ください。
http://www.shinsei-bussan.com/moyashi_com/recipe/

もやしの保存方法

もやしはとにかく、さっさと食べる!って思っていたんだけど、
なるほどと思う、保存方法があったので、記載します。

富士食品さんページ・もやしを学ぶ「もやしキッチン」より:引用

もやしの上手な保存方法。
袋詰めされてからも、もやしは生きています。もやしを買って帰ったら、まず、袋につまようじの先などで小さな穴をあけておくのがコツ。もやしの呼吸を助けて、傷みにくくなります。冷蔵庫では、野菜専用室より、もやしにとっての好適温度である3〜5℃に近い冷蔵室で保存するのがおすすめです。
詳しくは、下記のページをご覧ください。
http://www.fujifoods.co.jp/bean/bean3-3.html

へー、知らなかった。
もやしって野菜室より、冷蔵室で保存するのがいいんだ。

いま、野菜高いから、もやしは、私の味方なのよね(^o^)

エノキは洗うの?

きのこは、風味が落ちるから洗っちゃダメ!っていう情報は、 浸透していると思うけど……

でも、えのきって、オガクズが袋の中で、ポロポロしていて、 なんか洗いたくなるよね。

私の結論 洗わない

どうしても気になるなら、根元だけ。 さっと流す。

丸金さんのホームページのよくある質問から:引用

調理の際、えのき茸は洗ったほうがよいのですか?
洗わずにご利用ください。えのき茸に含まれる成分には水溶性のものもあるため、洗ってしまうと旨みなどが逃げてしまいます。
弊社は徹底した衛生管理のもとに栽培しておりますので、安心してお召し上がり頂けます。
えのき茸にオガ粉が付着していたり、どうしても気になるという場合は流水に軽くながす程度にしてください。
詳細は、こちらをhttp://www.marukin.jp/

こちらも、生産者が仰るのだから、間違いないよね。

私は、えのきバターととかベーコンとエノキを炒めたのが好きなんだけど、
ずっと、氷エノキ作ってるよ〜
作るのちょっと面倒だけど、私的には、作る価値はあるなって感じです。

にほんブログ村 OL日記ブログへ
面白かったらクリックしてね!

2013年07月18日

「ちょろめ」って、そんなにいいの?


ブラウザって、なにを使っていますか?



ブラウザ 世界のシェア
ブラウザシェア世界地図
CC BY by:Countries by most used web browser.svg
20130718-001.gif


今頃なに言ってるのよ? って言われてそうですが、
ちょろめ(Google Chrome)が
世界シェア40%超で、Internet Explorerを抜き
ナンバーワン・ブラウザになっていたなんて知らなかったよ〜
ものすごい躍進だよ……


日本では、相変わらずInternet Explorerが一番なんだけど、
でも、Firefoxを抜いて、第2位なんだって!

ひゃほーー、驚き!
私にとっては、まさにトリビア。

ちょろめって、そんなに使い易いか??



私は、全然だめだった(>_<)
使いこなせなくて、ギブアップ。


そんな私が使っているのは、
FirefoxOpera


もちろん最初は、もれなくPCに入っていた、Internet Explorerを使っていたわよ。
でも、Internet Explorer8に変えた時から、
IEが全然動かなくて、最後には、PC自体の調子も悪くなってしまい、
(それが直接的原因なのかは不明。だって、私は調べるスキルを持ち合わせていないから)
いっちょブラウザ、変えてみっか!って、Operaを導入〜〜


え? なんで、Operaを選んだのかって?


なんかかわいいでしょ。
まず、名前が可愛いでしょ?
それから、赤い「O」のロゴマークもよかったのね。
あと、ノルウェー産っていうのが、なんか良かったのね。
サーモンかよ……


そして、私には、ともてもOperaは、使い易かった。
カスタマイズしなくても、
私にとっては、痒い所に手が届く機能があったのね。

Operaのここが好き!


  • 見たくないコンテンツは、その場で簡単にブロックできる。

  • メモの機能(これは、涙もの。)
    • メモしたい部分をドラックし保存できる。
      例えば読みたい本などの記事があった場合。ページごとブックマークしなくても、本のタイトルと出版社をさくっとメモ出来る。


  • 画像を表示したくない場合も簡単


  • ページ毎の設定も簡単
    • cookieを切ったり、チカチカするアニメーションも簡単に切れる。


  • ブラウザ開いたままで強制終了→再起動したさい開いていたページがそのまま開く
    • 今では、他のブラウザもそうなってるけど、当時はビックリだった。


  • いま、Operaで開いているページを他のブラウザで開ける機能
    • は? って思う機能なんだけど、
      私には、ものすごーく便利な機能なの。
      ブラウザごとの表示の差異を確認したり、諸々の設定を切ってネットサーフィンしている時、見たいページだけFirefoxやIEで表示させるとか



こういう機能(一部のもの)は、Firefoxでは、
アドオン(エクステンション)を入れると出来るんだけど、
Operaは、標準なのね。


なのに、Operaは、人気がない。
なぜなんだろうか?
昔は有料だったこともあるのかな?


って、いうかさ、
開発元であるノルウェーでも、
ちょろめが一番ってどういうこと!?


もしかして、私、ベラルーシに、引っ越したほうがいい?(>_<)


一方、Firefoxは、自分がホームページを開設した時に、導入しました。
ページを作成するうえでは、一番頼りになるブラウザだから。

Firefoxは、標準機能は、シンプル。
質実剛健って、感じで、結構気に入っている。

アドオンで自分のブラウザを作れる、
マニアックな仕様なんだけど、
私は、めんどくさいし、よく分からないから、
ほとんどアドオンは入れていません。



って、ことで、そんなにいいのかよ?と、
久々に、chromeを開いてみたら、驚いた!!
海外のサイトを開いたら、デフォルトで、翻訳し表示された。
こりゃ、便利じゃない?

でも、やっぱり、ダメ。
きっと生理的に合わないんだと思うわ。



ブラウザは、好みの問題。
自分が気に入ったものを使えばいいんじゃない?


でも、願わくば、
シェアが少ないOperaが、この世からなくならないように、
皆がもう少し使ってくれると嬉しいと思う管理人でした。

Operaに興味がある方は、こちらからどうぞ!

にほんブログ村 OL日記ブログへ





posted by こい at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Web関連情報

2013年07月16日

あなたのブログにアップした写真。大丈夫ですか?



ちょっと、待った!!

デジカメやスマホ・携帯電話で撮った写真をそのままブログにアップしていませんか?



ブログやSNSにアップする写真。
含まれている情報を消してから、アップしてますか?



随分前に、有名人のブログの記事の内容と、
アップした写真の情報が違っていて、
ブログの内容が嘘だったのでは? と、騒がれた話があったので、
ご存じの方も多いだろう。

今のデジカメや、スマホ・ガラゲーで撮影した画像には、
画像のデータとあわせ、撮影時の様々な情報も一緒に保存される。

もともとは、
絞りや、画素数、ISO感度、色空間といった、
そのショットのために選んだ条件を記憶しておくためのもの。
カメラが趣味の人達にとっては、自分の備忘録にもなるし、
「このショットはどうやって取ったんだろう?」
と、人が撮ったものも参考に出来る、とても便利なものなのだ。

が、しかし、日時から、位置情報とかも、
しっかりと記録してくれるので、
「うふふ〜 今、自宅で〜す」
なんてブログにアップしたら、
――あの辺に住んでいるの?
と、かわかってしまう可能性もあるようだ。

これが、Exifと言われるものだ。


Exifを確認する方法


フリーソフトを使う


世の中には、親切な方が沢山いるので、
Exif情報を確認出来るフリーソフトは、結構ある。
残念ながら、管理人は、この手のソフトを使ったことがないので、
何とも言えないのだが、
「EXIFフリーソフト」などで検索すると、たくさん出てくるので
自分にあったものを探してみてください。
取りあえず、一例をあげときますね。
F6 Exif
EXIF閲覧・編集・コピー・削除、撮影日時一括更新、画像の一括縮小、ファイルリネーム、JPEGビューア



ブラウザで確認する方法


私は、写真を撮ることに、興味がないので、Exifデータを見ても宝の持ち腐れなんですよ。
でも、自分がアップした画像に、
Exifデータ残ってないかは、確認したいんです。
そこで、私が使用しているのは、ブラウザ・Firefoxのアドオンです。

「FxIF 0.4.7」という、「Exif情報」を確認出来るアドオンを入れています。

「FxIF 0.4.7」を入れるとこんな風になります。

以前書いたブログ記事に掲載した写真を調べてみます。
画像の上で右クリックするとメニューが出てきます。
jtr-009.gif



jtr-010.gif
Exif情報は、消してあるので、上のように、データがありませんと表示されます。

※WEB上にない画像は、調べたい画像をブラウザで開けば、同じように確認出来ますよ!


Firefox使ってないし〜〜〜

と言う方は・・・・
Internet Explorer
Internet Explorerには、「Exif Quick Viewer」というソフトを入れると、同じように、右クリックメニューで確認できるそうです。
IE使いの方は、お試しくださいね。




Exif情報を消す方法


それ、どうすれば、いいのよ?
って思いますよね。

これまた、消去出来るフリーソフトが、いろいろ出ているので、
自分にあったものを探してみてください。


私が使っているのは、「JTrim」というフリーの画像編集ソフト。
もともとは、サイトにアップする画像のサイズ変更や、
画像の切り抜き、その他もろもろの加工に使っています。
なかなか便利なソフトなのですが、
画像を保存する時に、Exifデータの消去も簡単に出来ちゃうんです。


では、簡単に、使い方を説明していきますね!

その前に、「JTrim」のダウンロードは、こちらからどうぞ


まずは、「JTrim」を起動し、画像を開くよ!


ファイルから開いても、ドロップしてもOK
20130716-001.gif


画像の大きさ(縦横のサイズ)は、そのままで、
ファイルを軽くする場合


jtr-003.gif

ツールバーの「ファイル」から「名前をつけて保存」を選択。


jtr-002.gif

ダイアログボックスの右下にある「設定」を開く。


jtr-004.gif

保存オプションというダイアログボックスが開く。
注意書きにもあるように、通常は、オレンジ色で囲んである部分
「品質を数値で指定する」を選択し数値を入力する。
例:画像を半分の軽さにするならば、「50」を選択。
※画像を軽くしない場合は、「100」を選択する。(Exifデータのみを削除する場合)

「Exifデータを保持するのチェック」を外す。
画像下部:赤い囲み部分「この状態を保持する」にチェックを入れておけば、常にExifデータは、削除される。



画像の大きさ(縦横のサイズ)を変更する


ブログのテンプレートの幅にあった画像サイズに変更したい時などに。


jtr-005.gif

「リサイズ」のアイコンを選択

jtr-006.gif

サイズを変更する。
保存は、上記保存の仕方と同じ。



画像の一部を切り取る



jtr-007.gif

「切り抜き」のアイコンを選択


jtr-008.gif

切り取る部分を選択する囲みがあらわれるので、ドラッグし大まかに選択。
細かいサイズは、ダイアログボックスで座標を指定する。

画像下部のオレンジ色の点線の囲み部分に、選択している個所のサイズが表示される。この表示には、タイムラグがあるので注意。
(勿論座標から計算しても良い)

同じように、画像を保存する。



「JTrim」は、画像自体を編集するソフトなので、
Exifデータの細かな編集――時間と位置情報のみを消去するなどなど――は出来ません。
Exifデータの一部を残してブログなどに、アップしたい方は、選択編集可能なソフト(フリーソフトであるそうです)をお使いください。



便利になると、なんだか不便になるよね……と、思われた方は
クリックしてね!
にほんブログ村 OL日記ブログへ





2013年07月15日

ヘタリアが終わっちゃったよ(>_<)


私が、数年前からハマっている、「ヘタリア」の3回目のシリーズが、
先月終わってしまった(>_<)
がっかり……


ところで、「ヘタリア」をご存じですか?



「ヘタリア」は、国を擬人化したマンガ。
もともとは、個人のサイトで公開されていたマンガで、非常人気があり、
コミックスになり、そして、アニメになった。

WW2前後の時代背景を軸に、時間を前後しながら、
いわゆる、それぞれの国のステレオタイプをキャラクターにし、描いた物語。


主人公は……
イタリア。
北イタリアのことで、「イタリア=ヴェネチアーノ」という。
セールスポイントは、
パスタとピッツァと女の子が大好きなお茶目さん。


タイトル・ヘタリアは……
「ヘタレ」と「イタリア」を組み合わせた造語。


登場人物 イタリアを囲む人達(国々)
イタリアを中心に、かつての枢軸国だったドイツと日本。
そして、連合国側とし、フランス・イギリス・ロシア・中国・アメリカが主に登場する。
他にも、オーストリアやハンガリー、スイス、北欧、カナダ、シリーズを追うごとにキャラクター(国)は増え、セーシェル、台湾、タイ、ベトナム、キューバなども登場。


物語は……
中世・近世・近代・現代を行ったり来たりしながら、史実をもとに、短いエピソードで組み立てられている。
歴史に詳しい方からは、違うとか、指摘があるようだが、あくまで、パロディなので、目くじらを立てることもなにのに、と思ってしまう。
歴史や、他国への興味をもつ切欠になると思うんだけどな〜?



取りあえず、まだ見たことがない方は、是非、どうぞ!
画像が出ない時は、ダブルクリックしてニコニコ動画のページを開いてください。
niko-navi.gif



アニメ好きですが、何か?


いい大人が、アニメ? と言われるかもしれないけど、
管理人は、まさに、アニメ世代。
キャンディ・キャンディで「テリー、超かっこいい」と、回りの小便臭い男児を尻目に、目にハートを浮かべ、イギリスに夢を馳せた。
ベルばらで、「オスカルさま〜死んじゃいや〜」涙し、いつからは、おフランスへ行こうと心に誓った世代でございます。
(もちろんどちらも実現はしていない)

これらの夢見がちな物語に比べ、
ヘタリアは、もう少し現実的で、風刺がきいている。

そういう意味では、日々ニュースを見、既、旅行で訪ね、
もはや、ベルばらの夢は消えてしまった現代の私達には、
くすっと笑えるものだと思う。


萌え語り・イタリア


私は、主人公のイタリア(北イタリア)が、とにかく可愛くて可愛くて、大好き!
そして、この能天気なイタリアに振り回されるドイツが、かわいそうで、かわいそうで……笑いが止まらない。
靴ひもが結べないと連絡を受ければ、飛んでいき、
エジプトへ行った(攻めた)イタリアに、パスタを茹でる水かないと泣きつかれれば、水を届ける。
この下僕さ加減がたまらない。
これでは、ヘタレなのは、ドイツの方ではないか!?
メルケル首相も、ビックリの内容だ。

ドイツのキャラクターは、いかついけど、非常に勤勉で、真面目に描かれている。
でも、私のドイツ人のイメージは、ちょっと違う。割と、トロトロしている(落ち着いているともいう)・酒癖が悪い^^;かな。いかついのは、その通りだと思うけど。





萌え語り・ポーランドとリトアニア


イタリアも大好きなのだが、
それ以上に、私の心を動かすのが、ポーランドとリトアニアと、いうキャラクターだ。
あくまで、ポーランドとリトアニアは、セットでなければならない。
俺様ポーランドに、振り回される、リトアニアが、可愛くて仕方がないのだ。

ポーランドは、弾けたキャラクターなのだが、とても素朴な面も持ち合わせている。
この両面が、私のツボを刺激する。
秋になったから、収穫しないとダメじゃん〜〜、と、戦いのさなか戦場から去ってしまう。(もちろんリトアニアにも一緒)
耕して収穫することをこれ日常とする美学を持つキャラクターは、なかなかだ。


しかし、ヘタリアを知るまで、私の中のポーランドの印象は、非常に薄かった。
ポーランドと言えば、

  • ショパン←好きなので、まず浮かぶ

  • 昔の東側諸国←一般的知識

  • 連帯のワレサ議長←でも何をした人かよく知らない。

  • ワルシャワ←つかここしか聞いたことがない、日本に東京しかないと思ってるガイジンと同じレベル

  • チューリップの国←完全にオランダと間違えている



そして、リトアニアにいたっては、
同じくソ連に苛められていた国のバルト三国のひとつ。
以上だ。


だいたい、ポーランドという国が、一度消滅したなんて知らなかった。
私の学力レベルが窺えるってもんだ! 世界史選択しなかったし……と言い訳をしておこう。


興味を持って少しばかり調べたら、
ポーランドには、親日の人が結構いると知り、驚いた。
シベリアに抑留されていたポーランドの孤児を日本が救ったということが、根底にあるらしい。
(もちろんこれも知らなかった私……)

東欧は、有色人種に対して、偏見……つか、差別が強い印象があったので、
へーーと思った。
(まぁ、何しろ情報が管理されている鎖国のような時代があったから、ベルリンの壁が壊れるまで、世界各国の人が行き来することもなかっただろうから、仕方がないってこともある。でも、根本的に持っている人種差別はあると思う。ただ、それは、日本でも同じだろう。外人さんと結婚する、と言ったら、反対する親は、まだまだ、それなりに、多いだろう。)

親日の方々が、いるっていうだけで、嬉しいよね。
で、日本が好きですって、言って貰えると、もっと嬉しい。
私も、この先ポーランド人にいつ会っていいように、
どこで会うのだろうか?
ショパン以外に、ポーランドのことを少しでも覚えようと思った。


因み、このアニメのヘタリアは、
本当はテレビで放映の予定だったそうだ。

真偽のほどは、わからないが、あるところから圧力がかかったらしく、やむなくネット配信となったとか?
とか? ですからね!
この件について興味がある方は、検索してください。


私もヘタリアにハマってみたい同志へ



コミックス



ヘタリアは、現在コミックスが、5巻まででています。


ヘタリア Axis Powers

新品価格
¥1,050から
(2013/7/15 12:04時点)




ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/15 14:53時点)




ヘタリア〈3〉Axis Powers (BIRZ EXTRA)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/15 14:56時点)



ヘタリア 4 Axis Powers 特装版 (バーズ エクストラ)

新品価格
¥1,260から
(2013/7/15 15:00時点)


ヘタリア 5 Axis Powers 特装版 (バーズ エクストラ)

新品価格
¥1,260から
(2013/7/15 12:09時点)




6巻は10月末に発売予定。

ヘタリア6 Axis Powers 限定版(ドラマCDつき) (バーズ エクストラ)

新品価格
¥1,980から
(2013/7/15 12:11時点)





一部は、現在も、作者・日丸屋秀和さんのホームページでも、読むことができます。
hetalia-001-dekabana.jpg


アニメ



アニメイトTVニコニコ動画で第1話のみ無料配信。(あとは有料)

シリーズは、下記の通り。

  • 第1期・2期 ヘタリア Axis Powers

  • 第3期・4期 ヘタリア World Series

  • ヘタリア The Beautiful World





ハンガリーも私の好きなキャラクターです。



今日も暑いので、ヘタリア見ながら、昼寝でもします。


ヘタリア好きになりそう!と思われた方はクリックしてね!
にほんブログ村 OL日記ブログへ






posted by こい at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ