2013年11月19日

キャロライン・ケネディ氏 信任状捧呈式へ

本日、新駐日米大使のキャロライン・ケネディ氏が、
皇居・宮殿で行われる信任状捧呈(ほうてい)式にのぞんだそうです。

信任状捧呈式(しんにんじょうほうていしき)ってなに?
って感じですが……

Wikipediaより引用

信任状捧呈式とは、
信任状捧呈式(しんにんじょうほうていしき)とは、日本へ着任した外国の特命全権大使および特命全権公使が、派遣国の元首から託された信任状を天皇に提出する儀式のこと。信任状奉呈式と表記される場合もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/信任状捧呈式

「この人をうちの国の大使に任命したから、よろしくね!」
って、いうが『信任状』(外交公文書)。
この信任状を提出(もちろん我が国の元首である天皇陛下へ)し、
それが受理され、はじめて大使は、正式に職務が始まる仕組み。

ここまでは、なんとなく、そうなってるのが当然と思えるよね。

でも、この儀式のスゴイところは、
新大使を皇居へ迎えるスタイルにある!

今回私もはじめて知ったんだけど、
な、な、なんと、
信任状捧呈式へのぞむ大使を馬車が迎えにくるんだって!!

馬車だよ!

馬車!!

シンデレラですか〜〜

これは、儀装馬車と、いうものだそうです。

宮内庁HPより引用

儀装馬車について
信任状捧呈式の際,儀装馬車によって新任の外国大使を明治生命館から宮殿南車寄まで送迎しています。
新任大使の送迎に馬車を使用している国は,世界的に見ても英国やスペインなど数か国ですが,わが国の場合,自動車より馬車を希望する大使が多く,国際親善の実を挙げています。
大使の送迎に使用する儀装馬車は,二頭曳き座馭式(ざぎょしき)と呼ばれ,そのほとんどが明治の終わりから昭和の初めに製造されたもので,美術品的価値も有しています。
馬車列は,天皇陛下のご即位や皇族方のご結婚などの皇室行事にも使われます。
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/shinninjo/basha.html

お迎えは、車と、馬車とを選べるそうですが、
ほとんどの大使が馬車を選ぶそうです。

……だよね……
馬車だよ……馬車!!

つか、車選んだ大使っているのか?
逆にそれが、知りたい!

昔は、大使館まで馬車で迎えに行っていたとか?
今の交通事情や安全面からも、そうはいかなくなり、
東京駅からの送迎になったとか。
で、東京駅の改修に伴い、明治生命館からになったとか。
また、東京駅に戻るかは不明……でも、東京駅に戻して欲しいな〜

漆塗りの馬車は、とても、シック。
メインの馬車は、大使専用で、奥様や家族、随行員には、別の馬車が連なる。
お馬ちゃんの車列は、圧巻〜〜

なんつーか、日本……ツボを押さえてるよ。
心憎いじゃない?! って国民として自惚れてみる

歴代各国大使が、お迎えの馬車に乗り込む様子が、You Tubeにアップされていたので、優雅な気分を味わっていたんだけど……

え……? えーーー?!
と、驚いたことが……

ゾマホン氏って、現ベナンの駐日大使なの!!!???

え?!
二代目そのまんま東だよね……

いや〜〜知らなかったです(>_<)
ごめんなさい。

って、ことで、その晴れ姿を……
民族衣装、とっても素敵だよ!

ゾマホン氏、結構好きだったから嬉しいよ〜〜(*^_^*)

にほんブログ村 OL日記ブログへ
「馬車」って響きは、いくつになっても女の心もくすぐるもの!
って思ったらクリックしてね!

posted by こい at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80947319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック