2013年10月18日

フリーメール「Yahoo!メール」の便利機能
1つのIDで複数のメールアドレスが持てる
「セーフティーアドレス」

20131018-10.png

「gooメール(無料版)」の終了に伴い、メールの見直しを模索中の私。
詳細は、前回へ(←はっきり言って読む必要はなし!)
そんな私に、このYahoo!メールのセーフティーアドレスは、まさに目から鱗だった。
実は、Yahoo!メール、ずいぶん前から使っていたんだけどね、
こんな機能があるなんて、まったく知らなかった……よ^^;

と、いうことで、今回は、 Yahoo!メール・セーフティーアドレスのお話です。

Yahoo!メールヘルプより

セーフティーアドレスとは
セーフティーアドレスとは、Yahoo!メールアドレス(またはYahoo! BBメールアドレス)に加えて、新たなメールアドレスを無料で取得できる機能です。
詳細は……こちらからどうぞ。

なんとなく登録してしまったり、
最初は、興味があったけど、飽きちゃったり、
特典を受けるために登録させられたり……
そんなこんなで、仕方なく受け取っている、
メルマガとか、ニュースとか、お知らせとかのメールってあるよね。

これって、絶対、読まないし、
もう、読む以前に、開封すらしないで、ゴミ箱行き! 

で、こういうのって、差出人ごとに、フォルダー分けしていても、
送ってくる相手方が、
やれ、サポートだの、やれ、事務局だのと、
変幻自在に、メールアドレスや差出人名称を変えて送りつけてくる。

果ては、あんた、誰?
って、まったく知らない誰かからもメールが届くように(-.-)
アドレス売られてんじゃね?
と、勘繰りたくなるよね。

こうなると、もう、フォルダーの設定なんて、ザルみたなもので、
フォルダーから、こぼれたゴミメールが、
受信トレイに、流れ込んできて、なにがなにやら……カオス(>_<)

しまいには、もう、グチャグチャだから、
取りあえず、新しいアドレス作っとくか!
なんて調子で、いわゆる、捨てアドが、増えていく。

しかし、フリーメールの登録って、結構面倒。
毎度毎度、パスワード考えるのも、やっかいだし、
その管理も煩わしい。
で、あー、しばらくログインしてなかったな〜、なんて、久々に開けてみると、 アカウント削除されたり……(>_<)

そんな、お悩みを一発で解決してくれるのが、
このセーフティーアドレスってわけ!
ちょっと、大袈裟かな?^^;

え……? その以前に、そんなズボラなことしてないわよ!って?

私だけ……?

セーフティーアドレスの仕組み

Yahoo!メールアドレスを取得すると、 ほにゃらら@yahoo.co.jpという、
基本アドレスがもらえます。
セーフティーアドレスは、これとは、別に、
10個までアドレスを持つことが出来るのだ!
(無料のYahoo!メールアドレス利用者の場合)

基本アドレス
ほにゃらら@yahoo.co.jp
セーフティーアドレス
なんちゃら - (ハイフン) かんちゃら @yahoo.co.jp
  • ハイフン前の部分「なんちゃら」は、共通になり、
    ハイフンの後ろ部分「かんちゃら」を変え、
    10個のアドレスを作成する仕組み。
  • アドレスの管理は、すべて、ほにゃらら@yahoo.co.jpで行う。
    なので、当然ログインも、ほにゃらら@yahoo.co.jpになり、面倒なパスワードを10個も考える必要も、管理する必要もないってわけ。
  • 作成したアドレスでメールを受信することは勿論だけど、送信することも可能。
    要するに、受け取る側の差出人欄には、なんちゃら-かんちゃら@yahoo.co.jpと表示されるってわけ。
    基本アドレスのほにゃらら@yahoo.co.jpを教えたくない相手には、なんちゃら-かんちゃら@yahoo.co.jpを教えればいいわけよ。
    Gmailのエイリアス(同じような機能)との一番の違いはココ!見た目でも(肉眼でも)違うアドレスになるってこと!

セーフティーアドレスの作り方

  1. Yahoo!メールの操作画面の左上にある「メールオプション」を開く。 20131018-y01.gif
  2. 「セーフティーアドレス」をクリック 20131018-y02.gif
  3. 説明を読んだら、「今すぐ作成」をクリック 20131018-y03.gif
  4. ここで、「ベースネーム」部分を作成 20131018-y04-1.gif
    • 半角4文字以上31文字以内で作成。
    • 半角のアルファベットから始める。
    • スペースや記号を含んではいけない(数字はOK)。
    • Yahoo! JAPAN IDやニックネームと異なる文字列であること
    • ベースネームは、アドレス作成後、変更は出来ないが、削除は可能。
      ただし、ベースネームの削除は、2回までしか出来ない。なので、作り直したくなるような名前は、やめましょう。
      ※ベースネームをもとに作成したアドレス(ベースネーム+キーワード)の削除&追加は、何回でもOK。
    20131018-y04-2.gif
  5. ベースネームの確認画面
    このベースネームで問題がなかれば、「続ける」をクリック 20131018-y05.gif
    見本の画像では、『trivia20131018』としました。
  6. 「キーワード」部分の作成 20131018-y04-1.gif
    • 半角1文字以上32文字以内で作成する
    • 入力したら「続ける」をクリック
    20131018-y06.gif
    見本の画像は、『sample』にしました。
  7. ここでは、作成したアドレスの設定を行う 20131018-y07.gif
    ◆「配信先フォルダ」の設定
    予め、このアドレス専用のフォルダーを作っておくと良い。
    あとからでも、編集は可能。
    フォルダーは、操作画面左の『個人フォルダー』→『追加』で作成できます。
    ◆「配色」の設定
    受信メールの一覧の先頭部分に選んだ色が塗られる。 20131018-y07-2.gif ひとつのフォルダーで複数のアドレスを受ける時は、便利だよね。
    ◆オプション
    このアドレスで送信を行う場合は、一番上の 「このアドレスでメールの送信を行う 」にチェックを入れる。

完成!

作成したアドレスの編集や削除、新規追加の方法

「メールオプション」から、「セーフティーアドレス」をクリックすると、下記のような画面が開く。

20131018-y08.gif

◆編集と削除
各アドレスを選択し、それぞれ「編集」もしくは「削除」をクリック。
「編集」をクリックすると、上記、セーフティーアドレスの作り方・7の画面が開く。
◆追加
「追加」をクリックすると、「キーワード」の作成画面が開く。
詳細は、上記、セーフティーアドレスの作り方・6を参照のこと。
◆ベースネームの削除
ベースネームの削除も、画面に行います。(画像の上部ベースネームのところ)
ベースネームを削除する場合は、注意・確認事項があるので、削除前には、必ずヘルプや、警告を確認しましょう。
ポイントだけ、下記に記しておきますね!
  • ベースネームを削除できるのは、2回まで。
    それ以降はベースネームを削除できなくなる。
  • 一度削除したベースネームと、ベースネームに基づくセーフティーアドレスは、再利用できない。
  • セーフティーアドレスにて送受信を行ったメールは、ベースネームの削除を行っても削除はされない。

いや〜〜このセーフティーアドレスを使って、
整理整頓出来たよ……
ひとつのIDで管理出来るのは、すご〜く楽!

他のフリーメールには、
この「セーフティーアドレス」機能はないの?

ありますよ〜〜

Gmailと、Outlook.com(hotmail)。
他にもあるかもしれないけど……私が調べた中でってことで
いずれも、「エイリアス」という名称になります。

Outlook.comは、
実際に使ってみたので、また改めて書くつもりだけど、Yahoo!メールの方が、融通が利くと思う。
って、いうか、それ以前に、私には、「Outlook.comメール」の操作が、よく理解出来ないという、問題があり……いまだ格闘中なのだよ(>_<)
なんつーか、外国のモノって感じで、おばちゃん(私)には、難しいのです(>_<)

Gmailは、
試してないんだけど、 基本アドレス内(アカウント)に、「+」や「.」を挿入し、別アドレスを作る仕組みなのね。
要するに、ベースになるのは、基本アドレスなわけ。
だから、機械は、違うモノだと認識するでしょうが、肉眼で見ると、まんま元のアドレス丸わかりって代物。
ただ、無制限に作れるので、上手く使えば、とっても便利だとは思う。
Gmailは、IMAPも使えるしね。

って、ことで、今回は、ここまで。

次回も、メール編の予定で〜す。

にほんブログ村 OL日記ブログへ
便利そう〜、と思ったら、クリックしてね!

posted by こい at 06:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Web関連情報

2013年10月17日

ショック! 「gooメール(無料版)」が終了(>_<)

fbl-20131017.png

先月、あるお知らせが届いた。
それは、今回のタイトル通り……
「gooメール(無料版)」の終了のお知らせだった!?

ガーン!

gooより引用

gooメールのプラン変更について
「gooメール」では、これまで「gooメール(有料版)」と「gooメール(無料版)」を提供してまいりましたが、市場動向およびニーズの変化をふまえて、より便利なサービス開発・提供に経営資源を集中するべく、「gooメール(有料版)」へ一本化してサービスを提供させていただくこととなりました。それに伴い、「gooメール(無料版)」は、2013年10月1日(火)に新規登録受付を停止し、2014年3月10日(月)をもって終了させていただきます。
http://mail.goo.ne.jp/info/notice001.html gooメールのプラン変更について

誰でも、ひとつやふたつ、フリーメールは、持っているだろう。
フリーメールは、インターネットに接続出来れば、どこでも開けるし、
最近のWEBコンテンツは、なんでもかんでも、
メールを登録を要求されることが多く、
プロバイダーのメールアドレス、スマートフォンや携帯のメールアドレスで登録をしたくない時にも、便利だ。

私も、いくつかのフリーメール・アドレスを持っている。
その中でも、このほど、サービスが終了してしまう「gooメール(無料版)」には、
10年以上もお世話になっている。

いまは、会社のPCで、フリーメールは、開けないが、
昔は、仕事中に、友達とメールのやりとりをしたり、
次の休暇の計画をたて、旅行会社に相談メールを送ったりしていた。
携帯と違い、長文が打ちやすいので、重宝なのだ!
もちろん、こんなことは、やっちゃダメなんだけど……^^;

そして、旅行先(海外)でもフリーメールは、連絡手段として心強いものだった。
なにしろ、ほんの数年前までは、いまのように、携帯は、海外では、簡単に使えなかった。それに、料金も高い!

また、持ち運びが楽な廉価なネットブックも、タブレットもなかった。

あの頃、フリーメールというものは、魔法の杖のように思えたものだ。

ホテルのライブラリーなどでPCを借りれば、簡単に日本と連絡がとれた。
家人の無事を確かめ、私もまた旅先で平穏に過ごしていることを伝えたり、
休み明けの心の準備と、同僚に、とんでもないことが起きていないか確かめたりも出来た。 (ただ、私が訪れた先は、日本語入力に対応していなかったので、送られてきたものは、日本語読めはしたが、私から送るメールは、ローマ字だった(笑))

数年が過ぎ、ネットブックなる廉価でちっちゃいパソコンが出現した。
私も飛びついて買ったさ!\(^o^)/
因みのそれは、超アタリで、5年以上たった今でも、
故障ひとつせず、サクサク動いている。
XPなので、2014年問題については頭が痛いけど……
それを旅のおともにしたので、ローマ字からは、解放された(*^_^*)

そう……、
この「gooメール」には、私の歴史と思い出が詰まっている、と言っても、過言ではないのだ。

ああ……なんと、さみしいことだろう……ホロホロ……

ところで! フリーメールと言えば……

  • Gmail
  • Yahoo!メール
  • Hotmail(Outlook.com)

が有名どころなんじゃない?
なんで、gooメールなの?
って、思った?

実は、「gooメール」って、
日本のフリーメールの草分け的存在なんだよ〜〜ん

おぼろげな記憶だけど、20世紀の終わり頃、
友達に、凄い便利なものがあるよ!、と教えられ、
使いはじめ、いまに至るんですが、
当時使われていたフリーメールは、gooメールとhotmailだったような気がする。

フリーメールサービスの開始時期 参考:ウィキペディア

ってことで、フリーメールの「はじめて!」を調べてみました。

Gmail 2004年4月1日より
Yahoo!メール日本版 1999年1月より
hotmail 1999年4月8日より(日本語サポート開始)
gooフリーメール 1998年5月より

そんなわけで、メールの引越し先を見つけないといけない。

まずは、10年以上も、タダで、お世話になったんだから、
移行出来る有料版を考えてみたんだけど……

月々200円で、5GBだって

う〜〜ん

プロバイダー系の有料WEBメールもこんな感じなんだよね……
ちょっと、高いかな……

って、ことで、
今回は、有料・無料含めて、メールについて、いろいろ調べてみたので、
次回から、そのことについて書きます。

いや〜〜、まさに、トリビアの連続!!

何年も、今の状況に満足していたので、
他のサービスに移行するなんて考えもしなかったわけで、
その間に、世の中はすっかり変わっていた!
私たら、井の中の蛙だったんだと、痛感……(>_<)

でも、やっぱり、gooメールが、なくなるのは、さみしい……

――ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
――よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
――久しくとどまりたるためしなし。
――世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。
なんて、「方丈記」が浮かぶ私でした。

※尚、「gooメール(無料版)」の新規受付は、2013年10月1日(火)に終了しています。

にほんブログ村 OL日記ブログへ
「方丈記」懐かしい〜〜と思ったらクリックしてね!

posted by こい at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Web関連情報

2013年07月18日

「ちょろめ」って、そんなにいいの?


ブラウザって、なにを使っていますか?



ブラウザ 世界のシェア
ブラウザシェア世界地図
CC BY by:Countries by most used web browser.svg
20130718-001.gif


今頃なに言ってるのよ? って言われてそうですが、
ちょろめ(Google Chrome)が
世界シェア40%超で、Internet Explorerを抜き
ナンバーワン・ブラウザになっていたなんて知らなかったよ〜
ものすごい躍進だよ……


日本では、相変わらずInternet Explorerが一番なんだけど、
でも、Firefoxを抜いて、第2位なんだって!

ひゃほーー、驚き!
私にとっては、まさにトリビア。

ちょろめって、そんなに使い易いか??



私は、全然だめだった(>_<)
使いこなせなくて、ギブアップ。


そんな私が使っているのは、
FirefoxOpera


もちろん最初は、もれなくPCに入っていた、Internet Explorerを使っていたわよ。
でも、Internet Explorer8に変えた時から、
IEが全然動かなくて、最後には、PC自体の調子も悪くなってしまい、
(それが直接的原因なのかは不明。だって、私は調べるスキルを持ち合わせていないから)
いっちょブラウザ、変えてみっか!って、Operaを導入〜〜


え? なんで、Operaを選んだのかって?


なんかかわいいでしょ。
まず、名前が可愛いでしょ?
それから、赤い「O」のロゴマークもよかったのね。
あと、ノルウェー産っていうのが、なんか良かったのね。
サーモンかよ……


そして、私には、ともてもOperaは、使い易かった。
カスタマイズしなくても、
私にとっては、痒い所に手が届く機能があったのね。

Operaのここが好き!


  • 見たくないコンテンツは、その場で簡単にブロックできる。

  • メモの機能(これは、涙もの。)
    • メモしたい部分をドラックし保存できる。
      例えば読みたい本などの記事があった場合。ページごとブックマークしなくても、本のタイトルと出版社をさくっとメモ出来る。


  • 画像を表示したくない場合も簡単


  • ページ毎の設定も簡単
    • cookieを切ったり、チカチカするアニメーションも簡単に切れる。


  • ブラウザ開いたままで強制終了→再起動したさい開いていたページがそのまま開く
    • 今では、他のブラウザもそうなってるけど、当時はビックリだった。


  • いま、Operaで開いているページを他のブラウザで開ける機能
    • は? って思う機能なんだけど、
      私には、ものすごーく便利な機能なの。
      ブラウザごとの表示の差異を確認したり、諸々の設定を切ってネットサーフィンしている時、見たいページだけFirefoxやIEで表示させるとか



こういう機能(一部のもの)は、Firefoxでは、
アドオン(エクステンション)を入れると出来るんだけど、
Operaは、標準なのね。


なのに、Operaは、人気がない。
なぜなんだろうか?
昔は有料だったこともあるのかな?


って、いうかさ、
開発元であるノルウェーでも、
ちょろめが一番ってどういうこと!?


もしかして、私、ベラルーシに、引っ越したほうがいい?(>_<)


一方、Firefoxは、自分がホームページを開設した時に、導入しました。
ページを作成するうえでは、一番頼りになるブラウザだから。

Firefoxは、標準機能は、シンプル。
質実剛健って、感じで、結構気に入っている。

アドオンで自分のブラウザを作れる、
マニアックな仕様なんだけど、
私は、めんどくさいし、よく分からないから、
ほとんどアドオンは入れていません。



って、ことで、そんなにいいのかよ?と、
久々に、chromeを開いてみたら、驚いた!!
海外のサイトを開いたら、デフォルトで、翻訳し表示された。
こりゃ、便利じゃない?

でも、やっぱり、ダメ。
きっと生理的に合わないんだと思うわ。



ブラウザは、好みの問題。
自分が気に入ったものを使えばいいんじゃない?


でも、願わくば、
シェアが少ないOperaが、この世からなくならないように、
皆がもう少し使ってくれると嬉しいと思う管理人でした。

Operaに興味がある方は、こちらからどうぞ!

にほんブログ村 OL日記ブログへ





posted by こい at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Web関連情報