2013年09月16日

台風18号の本名?

台風18号の影響で、各地で大きな被害が出ていますね。
どうか、これ以上、被害が広がりませんように……
私も、充分に警戒し、過ごしたいと思います。

と、いうことで、今日は、台風のお話を……

日本では、台風は番号で呼ばれているけど、
本当は、台風に名前があるって知ってる?

その前に、豆知識ってことで、
台風って、ハリケーンとサイクロンとは、違うものなの?

気象庁のページより引用

台風とハリケ−ンとサイクロンの違いは何ですか?
台風は、東経180度より西の北西太平洋および南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/s以上になったものを指します。

ハリケーンは、北大西洋、カリブ海、メキシコ湾および西経180度より東の北東太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約33m/s以上になったものを指します。

サイクロンは、ベンガル湾やアラビア海などの北インド洋に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/s以上になったものを指します。

このように、それぞれの名称を付している最大風速の基準には違いはありますが、台風もハリケーンもサイクロンもそれぞれの地域に存在する熱帯低気圧を強さによって分類している用語の1つということになります。

なお、サイクロンは熱帯低気圧と温帯低気圧の区別をせず、広く低気圧一般を指す用語としても用いられることがあります。

※詳細は下記をご参照ください。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq14.html

簡単にまとめてみるよ!

違いは、大きく分けて2つ。

  • 地域によって、名称が異なる。
  • 大きさ(強さ)によって、名称が異なる

地域による名称区分

東経180度、西経180度っていうけど、
簡単にいえば、
太平洋の真ん中へんにある、日付変更線が境。

国でいうと――――
フィジーとか、トンガとか、ツバルとか、キリバスなどなど……
キリバスは、世界で最も早く日付が変わる国だよ!

Tropical_cyclone_name_ja.png
CC BY by:Tropical cyclone name ja

  • 日付変更線を境に、西側の北半球の太平洋や南シナ海で暴れるのが、台風
  • 日付変更線を境に、東側の北太平洋および北大西洋あたりで暴れるのが、ハリケーン
  • それ以外の場所で、暴れるのが、サイクロン。

別名、東京24区のハワイ(私は行ったことがないけど)は、日付変更線の向こうなので、ハリケーン呼びの地域。

規模による区分

台風&サイクロン < ハリケーン

って感じ。

もっと詳細な分け方もあるようです。
興味がある方は、お調べてください。

台風の名前について
名前をつける風習(?)のはじまりは?

WW2の頃から、米国の気象学者が、ハリケーンに、奥さんとか彼女の名前をつけたって、話は、結構有名だよね。
で、最近は、女性名だけでは、差別だとかで、男性名と女性名を交互につけるんだって……^^;

っていうか、これも同権が必要なのか?
って、思うけど、

その前に、甚大な被害を引き起こす可能性がある、迷惑なものに、
奥さんや彼女の名前をつけるなんて、どうなのよ?って、思ったけど、
学者さんという人達は、ある意味、超オタなわけで、そう考えると、気象の現象すべてを愛しているだろうから、いとしい人の名前をつける発想は、アリなのかもしれない。
でも、共感は、おぼえないけどね。

台風の名前について
名前の決めごと

1999年までは、米国が台風に英語名をつけていたそうです。 例えば、昭和34年(1959年)、紀伊半島〜中部地方に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風は、国際名:ヴェラと、いう。

そして、2000年1月1日から、現在使用している、アジア名を用いることなった。
って、ことで、いまの台風の名前の歴史は、割と最近なのだ。

台風の名称は、
台風に関わる14の国と地域が、10個ずつ名前を出しあい
140個の名前を作成。
それを順番に、台風に割り振っていく仕組み。

第一号は、カンボジアで、「象」を表す「ダムレイ(Damrey)」だった。
以下、下記の順で、それぞれが付けた、名称(台風名)が繰り返されていく。

  1. カンボジア
  2. 中国
  3. 北朝鮮
  4. 香港
  5. 日本
  6. ラオス
  7. マカオ
  8. マレーシア
  9. ミクロネシア
  10. フィリピン
  11. 韓国
  12. タイ王国
  13. 米国
  14. ベトナム

    気象庁のページより引用

    大きな災害をもたらした台風などは,台風委員会加盟国からの要請を受けて,その名前を以後の台風に使用しないように変更することがあります。

台風の名前について
どんな名前があるの? 日本がつけた名前は、なに?

どこの国も、なんか微妙なネーミングなんだよね。
花の名前や、人の名前、フルーツ、自然などなど。
なんか、優しそうで、綺麗な感じがするネーミングが多いの。

台風なんだから、もっと、おどろおどろしい、怖い感じのがよいと思うんだけど……
どう、思う?

140個の名前を知りたい方は、
気象庁のページ「台風の番号と名前」へどうぞ

そんな中で、日本がつけた台風の名前はというと……

  • 天秤
  • やぎ
  • うさぎ
  • カジキ
  • くじら
  • コップ
  • コンパス
  • とかげ

これって、なにか、分かる?

星座だって……星座……
いや……星座って……

この、あたりさわりがないネーミング。
いかにも日本らしいと、思うんだけど。
私が大好きなヘタリアの日本がよくいう科白。
『「善処します」「また今度」「考えます」答えは全部イイエです!』に、通じるものがあるわ^^;

そんな中で、私が、一番いいと思ったのは、フィリピンがつけた名前。

  • シマロン(野生の牛)
  • マラカス(強い)
  • ルピート(冷酷な)
  • ハグピート(むち打つこと)
  • ダナス(経験すること)

どう?
台風の脅威を感じるネーミングだと思うんだけど。
「ダナス」=「経験すること」……正直経験はしたくないけど、過去の災害から学び、苦い経験は、必ず次では、回避をするも大切。

と、いうか、台風に、名前っているのか?
番号で、いいんじゃない?
2013−18で、十分じゃないの?
名前をつける=親近感がわく気がする。
台風に親近感もってどうするんだよ?
って、思う管理人でした。

そして、今回の台風18号の名前は、
香港がつけた、「マンニィ(海峡の名前)」だそうです。

マンニィよ。
これ以上暴れないで、速やかに立ち去ってくれよ……

どうぞ、皆さん、お気をつけてお過ごしください。

【日記の最新記事】
posted by こい at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記